精進日のポタヘ

精進日のポタヘ
名前の通り、カトリックで肉食を禁じている日、特に春の復活祭のときによく登場する料理です。
同じ豆料理でも、普段は豚肉などで味を出すのですが、ここでは干ダラが使われます。手に入らないときは、生のタラや甘塩のタラでも代用になります。
このレシピは、エストレマドゥーラ地方の小さな町で教えてもらったバージョンで、ジャガイモが味をやさしくしています。

材料

ガルバンソ豆   200グラム
干ダラ      100グラム
ホウレンソウ   1カップ
玉ねぎ      2こ
ジャガイモ     2こ
にんにく     1かけ
オリーブ油    適量
茹で卵      2こ

作り方

ガルバンソは一晩水につけておく。水を替えて、豆が柔らかくなるまで(1時間前後)茹でる。
干ダラは時々水を替えながら丸1日水につけて、塩抜きをする。骨、皮などをとってほぐしておく。
ホウレンソウは洗って4センチくらいに切り、さっと塩ゆでする。玉ねぎは皮をむいて粗みじんに切る。にんにくは皮をむいておく。
ジャガイモは皮をむいて小さ目に切り、豆の鍋に加えて煮込む。
フライパンでオリーブ油、たまねぎ、にんにくを加熱する。玉ねぎが透き通ってきたらタラを加える。豆の鍋に加える。
ホウレンソウと茹で卵を加え、塩味を整えて仕上げる。

Es lo justo para compartir ...Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+
2012.04.01
このページのトップへ