6月の体験クラス

スペイン料理基礎 6月スペイン料理基礎 6月スペイン料理基礎 6月

メニュー内容:

『6月クラス』・・・アンダルシア料理
「赤ピーマンのマリネ、ガスパッチョ、鶏肉のアンダルシア風煮込み、フルーツのマセドニア」

日程・定員:各クラス8名

(Aクラス)6月5日(水曜)11時〜
(Bクラス)6月9日(日曜)11時〜

2019.05.30

軽井沢ガストロノミー・フォーラム
第2回「食の世界の女性たち」

軽井沢ガストロノミー・フォーラム第2回「食の世界の女性たち」

軽井沢を、真の美食の町に。
食べるだけではなく、考える・知ることもガストロノミーです。
華やかで楽しくて、でも皆で学ぶことができる。
そんなガストロノミー・フォーラム、今回のテーマはSDGsです。

軽井沢ガストロノミー・フォーラム第2回
『食の世界の女性たち』
・ ・・新しい食の文化を、軽井沢から!・・・

日時:
2019年7月17日(水曜日) 10:00〜17:00

会場:
ヴィラ・ド・マリアージュ軽井沢

料金:
*フォーラム入場料:前売り1200円 当日1500円
*フォーラム*記念ランチ:6000円(前売りのみ・定員50名)

申し込み開始:
2019年4月20日(土曜日)<お申し込みはこちら>

プログラム
10:00 開会
 ご挨拶 中村孝則(特別ゲスト)
10:15「ローガルガストロノミーと女性たち」  
 岩佐十良 「自遊人」編集長
11:00「現場は私たちが主役!」女性生産者 座談会   
 依田美和子 「軽井沢サラダふぁーむ」
 松澤みどり 「松澤農園」
 掛川育臣 「ひまわり農園」
 平井久美 「平井農園」
 司会 福吉貴英 「奈良食べる通信」編集長

12:00~13:30 ・・・昼休み・・・
「フォーラム記念ランチ(立食ビュッフェ形式)」

13:30「実現できるサスティナビリティを求めて」  
 生江史伸 「レフェルヴェソンズ」
14:10「女性として、料理人として、シェフとして」 
 ルシア・フレイタス「ア・タフォーナ」(スペイン・ガリシア)
15:20「厨房からのメッセージ」 女性シェフ座談会  
 樋口宏江 「志摩観光ホテル」総料理長
 桑木野恵子「里山十帖」総料理長
 川副藍  「シュヴァル・ド・ヒョータン」
 藤木千夏 「UMI」
 小林愛実 「ヴィラ・ド・マリアージュ軽井澤」総料理長
 司会  渡辺万里 「スペイン料理文化アカデミー」主宰
16:20「料理学会、そしてフォーラムに思うこと」  
 深谷宏治 「函館・バスク」 
17:00  終了

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

軽井沢ガストロノミー・フォーラム第2回「食の世界の女性たち」
軽井沢ガストロノミー・フォーラム第2回「食の世界の女性たち」

2019.05.26

毎日つくるスペインごはん:オリーブオイルと、卵と、じゃがいもと……

内容紹介

スペインの食の土台は家庭料理。長年スペインで料理研究をしてきた著者が、日本で作っても十分おいしいシンプルな家庭料理を豊富なエピソードとともに紹介。こだわってほしいのは1本のオリーブオイルだけ。日本の食材でかんたんに、スペインをまるごと味わえる1冊。

価格 ¥1,944(本体¥1,800)/現代書館(2019/06発売)

三ツ星女性シェフ「サンパウ」カルメ・ルスカイェーダ推薦!
「この本で、あなたもきっと、まりさんと同じようにスペイン料理に恋するでしょう! 」


第一の皿
じゃがいものオムレツ
アサリと白いんげん豆の煮込み
オーブンで焼く米料理
金時豆とエリンギの煮込み
復活祭のポタヘ
3つのガスパッチョ
カスティージャ風スープ
きのこと小エビの炒り卵

第二の皿
マドリード風コシード
海と山の出会い
マラガ風ミートボール
鶏肉のペピトリア
コルドバのフラメンキン
タラのグリーンソース
仔羊のレモン風味
マグロとじゃがいものシチュー
ホタテ貝の白ワイン焼き

デザート
復活祭の揚げパン菓子
カラトラバ修道院のパンプディング
お米のデザート
カスタードのフライ
バナナの揚げ菓子
カンタブリア風ヨーグルトケーキ
ガリシア風クレープ
洋梨のワイン煮
シェリー酒味の焼きりんご

夏のパーティー
鶏肉のクロケッタ
オレンジのサラダ
ロシア風ポテトサラダ
フィデウア(パスタのパエージャ)

スペインのクリスマス
紫キャベツのマドリード風
タイのオーブン焼き
牛肉の煮込み
アーモンドのアイスクリーム


2019.05.25
このページのトップへ