「シェフズ・クラス」のご案内

渡辺万里
「目白のアカデミーへ行けば、スペインの食のことなら何でも学べる」・・・。そんなアカデミーを目指して、「シェフズ・クラス」を開講します。
スペインの食に関わるプロフェッショナルたちが、それぞれ専門分野のクラスを担当し、スペインフリークの皆さんや食にこだわりたい皆さんの疑問に答えるクラスです。1回単位で参加できるので、興味のあるテーマの時だけ申し込めます。
プロの味と知識を手軽に楽しみたい方も、どうぞお気軽にご参加ください。
なお、クラスの日程はホームページとフェイスブックで発表します。チェックしてくださいね。
                  渡辺 万里

エビのアヒージョお菓子パエーリャ


シェフズ・クラス講師のシェフたちのプロフィール

服部 光一 Koichi Hattori

服部光一
スペインへの旅行をきっかけとしてスペイン料理を志し、スペイン料理文化アカデミーで修業をスタート。サン・セバスチャンへ渡り、バスクを代表する調理学校「ルイス・イリサール」で学ぶ。
卒業後、各地のレストランで働き、カタルニア•ジローナでは名店「セジェール・カン・ロカ」でも働く機会を得るが、伝統に支えられた郷土料理への愛に目覚めて帰国。その思いを込めて浅草•田原町に「アメッツ」を開店し、モダンスパニッシュの多い東京で、ワイルドなスペイン料理の醍醐味を発信している。
Amets アメッツ(ヒトサラ)
TEL. 03-3841-3022


藤本 恭子 Kyoko Fujimoto

藤本恭子
スペイン菓子と出会った感動から、菓子を学ぶためにスペインへ留学。4年間の滞在の中で、パコ・トレブランカを始めとする著名なパティシエに指導を受ける機会に恵まれる。
帰国後、スペイン料理文化アカデミーでの研鑽期間を経て、茨城県守谷市で「ドゥルセ・ミーナ」を開店。ひとつひとつスペインの味を追求して生み出す製品のクオリティーの高さに、日本で数少ない本物のスペイン菓子の店として多くのファンを掴んでいる。
スペイン菓子工房ドゥルセ・ミーナ
TEL. 0297-45-2740


多戸 綾 Aya Tado

多戸綾
スペイン料理文化アカデミーでスペイン料理を学び、料理への深い関心に目覚めて会社勤めをやめ、都内のレストランで働きながら料理を学ぶ道を選ぶ。退職後スペインへ渡り、料理のみならずシェリー酒への情熱をも再確認し、帰国後は独立へ向けて修業を重ねる。念願の家庭料理とシェリー酒の店「アニモ」を早稲田に開店し、女性らしいぬくもりのある料理とシェリー酒への深い造詣で人気を集めている。
早稲田 Ánimo アニモ(Facebook)
TEL. 03-5155-3459


数井 理央 Rio Kazui

数井理央
23歳でスペインへ一人旅にでかけ、スペイン郷土料理の魅力と巡り合う。帰国後、スペイン人シェフ、カルロス・ベロカルのもとで修業したのち、29歳で独立。中野に「スペイン郷土料理イレーネ」を開店する。
妻の故郷であるアリカンテなど地中海岸のさわやかさを愛し、テロワールと素材を大切にする素直な料理は、多くのファンに支持されている。
イレーネ(Retty)
TEL. 03-3388-6206


大瀧 清一郎 Seiichiro Otaki

大瀧清一郎
幼い頃から料理が好きで料理人への道に進む。スペイン料理と出会ってスペインへ渡り、マドリードで新しいレストランの立ち上げに関わる中で、スペイン料理の様々な顔を知る。
帰国後、日本橋「サン・パウ」のスーシェフとして活躍。現在は紀尾井町テラスの「エル・フエゴ・デル・トロ」料理長として、スペイン料理の魅力を広くアピールするために努力を続けている。
EL FUEGO DEL TORO(エル フエゴ デル トロ)スペインの炭窯料理バル&レストラン(紀尾井町)
TEL. 03-6261-0979


スペイン料理|料理教室|クッキングスクール|目白|池袋|豊島区|練馬区|文京区|西武池袋線
このページのトップへ