-帰郷-

東京・八丁堀「シック・プッテートル」の生井シェフ

「帰郷」というタイトルの一皿。

東京・八丁堀「シック・プッテートル」の生井シェフは、数年前まで軽井沢でシェフを務めていました。だからこそ生まれた「帰郷」というタイトルの一皿。
由比農園のケール、しなの木ハウスの黄金シャモなど、信州の食材が見事に生かされて、「素材」から」「料理」への存在の転換というプロセスを鮮やかに感じさせてくれます。
一見何気ない外観に隠された緻密な味のハーモニーに、皆がため息をつきました。

Es lo justo para compartir ...Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+
2016.11.26
このページのトップへ