-長野原の大地から-

「やまこきのこ園」の小林さんと「エブリコ」の内堀シェフ第4の皿「長野原の大地から」

第4の皿「長野原の大地から」。ここでは、シェフと生産者のコラボが最大限に機能しています。
というのも、「エブリコ」の内堀シェフは、きのこ料理の名手として広く知られていて、きのこの栽培農家と内堀シェフとの間には、特別深くて必然性の高い繋がりが存在するからです。
何種類ものきのこの味と香りが重なり合って生み出す内堀ワールドを、「やまこきのこ園」の小林さんがフォローする様子は、人間同士のつながりこそ、料理するための大切な要素であることを思い出させてくれました。

Es lo justo para compartir ...Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+
2016.11.24
このページのトップへ